国分寺市テニス連盟規約

第T章 名称及び事務局
第1条 本連盟は、国分寺市テニス連盟と称する。
第2条 本連盟の事務局は、理事長所属機関に置く。
 
第U章 目的及び事業
第3条 本連盟は、テニスの健全な普及発展を図り、あわせて本技を通じて健康・体力の増進と会員相互の親睦を図ることを目的とする。
第4条 本連盟は、前条の目的を達成するために、下記の事業を行う。
1、 各種競技大会の開催及び参加
2、 指導者養成と各種講習会の実施
3、 テニスに関する調査・研究・資料の蒐集
4、 印刷物および機関誌等の発行
5、 加盟団体の強化発展と相互親睦
6、 その他目的達成に必要な事業
 
第V章 会員の資格、入会および脱会
第5条 本連盟の会員は、本連盟の趣旨に賛同する市内在住、在勤、在学者等で結成する団体とする。
第6条 本連盟に加入しようとする者は、加入申込書に会費、会員名簿を添えて提出し、理事会の承認を得て登録される。
第7条 本連盟を脱会しようとするものは、脱会届を理事会に提出しなければならない。
 
第W章
第8条 本連盟に下記の役員をおく。
会長 1名 理事長 1名 副理事長 1名 常任理事 若干名
会計 2名 総務 1名 監査 1名 理事 各団体から1名
第9条 選出方法
1、 会長・理事長は理事会において選出し、副理事長は会長・理事長の推薦により理事会が承認する。
2、 常任理事はその担当職務に精通する人材を、会長・理事長の推薦により理事会が承認する。
3、 会計・総務・監査は理事の中から、理事会にて決定する。
第10条 役割
1、 会長は、本連盟の代表者として会務を統轄する。
2、 理事長は、本連盟の会務を掌る。また会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代行する。
3、 副理事長は、理事長を補佐し、理事長に事故あるときはその職務を代行する。
4、 常任理事は、各担当職務を統括し、事業を円滑に遂行する。
5、 常任理事会は、会長・理事長・副理事長・常任理事および会計・総務で構成し、事業計画等本連盟の運営に関する事項全般を立案し、理事会に提案するものとする。
6、 会計は、本連盟の会計を処理する。
7、 総務は、本連盟の事務を処理する。
8、 任期は、会長・理事長・副理事長は3年とし、それぞれが各年に任期が終了するようにし、会務に中断が生じないようにする。常任理事および会計・総務は2年とする。会計については前任者との職務引継ぎを支障なく行うため、初年度1年は補佐をおこなう。但しいずれの役員も再任を妨げない。
 
第X章 会議
第11条 本連盟の会議は、理事総会・事業運営理事会・常任理事会とする。理事会は総会として少なくとも各年度1回開催し、また大会運営のための理事会は、その都度会長が招集する。また常任理事会は必要な都度、理事長が招集する。
第12条 理事会は、会長・理事長・副理事長・常任理事・理事で構成し、その二分の一以上の出席をもって成立する。理事会の決議事項は、その出席した者の過半数をもって決定する。
 
第Y章 会計
第13条 本連盟の経費は、会費・補助金およびその他の収入でこれに充てる。
第14条 本連盟の年会費は、年額1団体5,000円とする。ただし構成員が20名以下の団体については4,000円とする。
第15条 本命の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日をもって終了する。
第16条 決算は、会計年度終了後に会計が計算を行い、監査を受けた後、理事会の承認を受けるものとする。
 
第Z 附則
第17条 本規約は理事会の決議によって、変更することができる。
第18条 本連盟より国分寺体育協会へ、理事1名、評議員2名を送る。
第19条 本規約は、2003年4月1日より実施する。


国分寺市テニス連盟
Copyright(c) 2006 Kokubunji-City Tennis Federation